CD    
title: flight  
artist: atrem [アトレム]  
date : 2010-07-07  
cat#: WHACD-2 official website
price: \1,980 (税込み) Field Recording / Post Rock / Ambient / Electronica






バンド・サウンドとフィールド・レコーディングが同じフィールドに存在し、エレクトロニカと弾き語りが違和感なく共存するatrem(アトレム)の世界。これら様々なタイプの楽曲が一定の質感を保ちながら交錯していく、情景豊かなデビュー・アルバムです。

アナログ・ライクな奥行きのあるサウンドが全体を支配し、柔らかなボーカルや臨場感のある素材が彩りを加える。この個性的なサウンドは、もはやジャンルで括ることはできません。

包み込むような音像と色彩感溢れる音像にタイトなベース・ラインが加わり、バック・トラックと同じフィールドにボーカルが溶け込む新感覚サウンドの「2.戦犯」「4.風の歌を聴け」「11.人生は夢」。

一方、アルバムの半分を占めるのがフィールド・レコーディング素材を緻密に構築して作られた情景豊かな作品群です。

オルゴール、指輪、トライアングル、鍵などの澄み切った金属音が美しい「1. Rondo Bell」に始まり、踏み切りの音をベースとして作られた「7.Station」や、フルート、カラスの声、硝子、はさみの音を使った「8.flight」は共にミニマルに展開するユニークなアプローチによって作られています。
さらには、アナログ・シンセの無機的なサウンドと優しいノイズ、さらにギターや環境音を複雑にレイヤーし見事なまでの奥行きを表現する「9. Films」など、完成度の高いコンセプチュアルなアルバムとなりました。

そしてアルバムのラストは、ボーカル嶋の優しくも情緒的な声が印象的な弾き語り感覚のボーカル・ナンバー「16.それから」で締めくくります。

ポストロック、エレクトロニカ、アンビエント、ミニマルなど要素を再構築してオリジナル・サウンドを生み出す嶋 龍一と上村 裕介によるジャンルレス音楽製作ユニット、atremの1stアルバムです。





mp3 192kbps 1:30
01. Rondo Bell
02. 戦犯
03. Requiescat in Pace
04. 風の歌を聴け
05. Park Scene#2
06. 有人飛行
07. Station
08. Flight
09. Films
10. 港にて
11. 人生は夢
12. Midtown
13. Rain
14. Awake
15. One More Thing
16. それから

produced by atrem
all music composed by 嶋 龍一、上村 裕介
recorded & mixed by atrem
mastered by naph

musicians:
vocal,guitar,programming : ryuichi shima
bass,key,programming : yusuke kamimura
support drums : shintaro abe

 

 

Get Notified About My Newest Freebies & Upcoming Themes!

I do make some awesome freebies for you to use... All of them are FREE and pixel perfect!

Thanks for showing me the support by subscribing, and I'll try not to disappoint you...

Follow me on twitter

Subscribe to my newsletter

Thanks for that!